|公開日 2019.4.20


1|出題傾向と合格対策

1 やさしい科目|必ず1点を

出題数は1問。出題の中心テーマは、宅地造成工事に関する事項です。
「宅地造成の意味」「宅地造成工事規制区域」「保全義務・改善命令」「造成宅地防災区域」「変更の許可」など、出題テーマはかなり限定的です。


一時期は諸法令の中の選択肢の1つとして出題されたこともありましたが、平成15年からは1問出題が定着しています。
出題範囲が狭い科目ですが、類似問題はそれほど多くはありません。


やさしい科目なので、ていねいに勉強すれば確実に得点できます。
やや長文化の傾向があるため「過去問練習」で慣れておきましょう。「テキスト」も軽視できません。

2|直近5年間の出題テーマ



[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成30年|問20 [/su_highlight]


[su_list icon=”icon: chevron-right” icon_color=”#eb8d8d” indent=”15″]

  • 宅地を常時安全な状態に維持する努力義務
  • 災害防止の条件付許可
  • 宅地造成の意味
  • 知事の許可を要する切土

[/su_list]

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成29年|問20 [/su_highlight]


[su_list icon=”icon: chevron-right” icon_color=”#eb8d8d” indent=”15″]

  • 擁壁の設置命令の要件
  • 宅地造成工事の状況報告
  • 宅地造成工事の技術的基準の強化
  • 排水施設の除却工事の届出要件

[/su_list]

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成28年|問20 [/su_highlight]


[su_list icon=”icon: chevron-right” icon_color=”#eb8d8d” indent=”15″]

  • 造成宅地防災区域の指定
  • 切土等における有資格者による排水施設の設計
  • 擁壁除却工事の届出
  • 宅地転用の届出

[/su_list]

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成27年|問19 [/su_highlight]


[su_list icon=”icon: chevron-right” icon_color=”#eb8d8d” indent=”15″]

  • 擁壁等の設置等の勧告
  • 宅地造成工事の再許可
  • 工事施行者変更の届出
  • 許可を要する切土の要件

[/su_list]

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成26年|問19 [/su_highlight]


[su_list icon=”icon: chevron-right” icon_color=”#eb8d8d” indent=”15″]

  • 許可を要する切土の要件
  • 許可の取消し
  • 宅地造成工事規制区域指定のための土地立入
  • 工事計画の変更の届出

[/su_list]

3|宅建試験問題|直近5年間

1 平成30年度

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成30年|問20 [/su_highlight]


宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

 宅地造成工事規制区域内において、過去に宅地造成に関する工事が行われ現在は造成主とは異なる者がその工事が行われた宅地を所有している場合、当該宅地の所有者は、宅地造成に伴う災害が生じないよう、その宅地を常時安全な状態に維持するように努めなければならない。

 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事について許可をする都道府県知事は、当該許可に、工事の施行に伴う災害を防止するために必要な条件を付することができる。

 宅地を宅地以外の土地にするために行う土地の形質の変更は、宅地造成に該当しない。

 宅地造成工事規制区域内において、切土であって、当該切土をする土地の面積が 400㎡で、かつ、高さ1mの崖を生ずることとなるものに関する工事を行う場合には、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。

2 平成29年度

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成29年|問20 [/su_highlight]


宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地で、宅地造成に伴う災害の防止のため必要な擁壁が設置されていないために、これを放置するときは、宅地造成に伴う災害の発生のおそれが大きいと認められる場合、一定の限度のもとに、当該宅地の所有者、管理者又は占有者に対して、擁壁の設置を命ずることができる。

 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地において行われている工事の状況について、その工事が宅地造成に関する工事であるか否かにかかわらず、当該宅地の所有者、管理者又は占有者に対して報告を求めることができる。

 都道府県知事は、一定の場合には都道府県(指定都市、中核市又は施行時特例市の区域にあっては、それぞれ指定都市、中核市又は施行時特例市)の規則で、宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事の技術的基準を強化することができる。

 宅地造成工事規制区域内において、政令で定める技術的基準を満たす地表水等を排除するための排水施設の除却工事を行おうとする場合は、一定の場合を除き、都道府県知事への届出が必要となるが、当該技術的基準を満たす必要のない地表水等を排除するための排水施設を除却する工事を行おうとする場合は、都道府県知事に届け出る必要はない。

3 平成28年度

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”] 平成28年|問20 [/su_highlight]


宅地造成等規制法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

 宅地造成工事規制区域外に盛土によって造成された一団の造成宅地の区域において、造成された盛土の高さが5m未満の場合は、都道府県知事は、当該区域を造成宅地防災区域として指定することができない。

 宅地造成工事規制区域内において、切土又は盛土をする土地の面積が600㎡である場合、その土地における排水施設は、政令で定める資格を有する者によって設計される必要はない。

 宅地造成工事規制区域内の宅地において、高さが2mを超える擁壁を除却する工事を行おうとする者は、一定の場合を除き、その工事に着手する日の14日前までにその旨を都道府県知事に届け出なければならない。

 宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用した者は、一定の場合を除き、その転用した日から14日以内にその旨を都道府県知事に届け出なければならない。

4 平成27年度

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”]平成27年|問19 [/su_highlight]


宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地について、宅地造成に伴う災害を防止するために必要があると認める場合には、その宅地の所有者に対して、擁壁等の設置等の措置をとることを勧告することができる。

 宅地造成工事規制区域の指定の際に、当該宅地造成工事規制区域内において宅地造成工事を行っている者は、当該工事について改めて都道府県知事の許可を受けなければならない。

 宅地造成に関する工事の許可を受けた者が、工事施行者を変更する場合には、遅滞なくその旨を都道府県知事に届け出ればよく、改めて許可を受ける必要はない。

 宅地造成工事規制区域内において、宅地を造成するために切土をする土地の面積が500㎡であって盛土が生じない場合、切土をした部分に生じる崖の高さが 1.5mであれば、都道府県知事の許可は必要ない。

5 平成26年度

[su_highlight background=”#8c8c8c” color=”#ffffff”]平成26年|問19 [/su_highlight]


宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。

 宅地造成工事規制区域内において、宅地を宅地以外の土地にするために行われる切土であって、当該切土をする土地の面積が 600㎡で、かつ、高さ3mの崖を生ずることとなるものに関する工事については、都道府県知事の許可は必要ない。

 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事の許可に付した条件に違反した者に対して、その許可を取り消すことができる。

 土地の占有者又は所有者は、都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者が、宅地造成工事規制区域の指定のために当該土地に立ち入って測量又は調査を行う場合、正当な理由がない限り、立入りを拒み、又は妨げてはならない。

 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事の許可を受けた者は、国土交通省令で定める軽微な変更を除き、当該工事の計画を変更しようとするときは、遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。



(この項終わり)